odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

DTMer向け

学生時代のodasisと、楽曲カバーにおける心得について。

2017/08/22

odasisは学生時代、音が小さい生楽器だけを使い既存曲をアコースティックにカバーするというサークルに所属していました。

ドラムやエレキギターは使いません。エレキベースは使うけど。

 

そもそもはアコースティックなカバー音楽というサウンドにそのコンセプトがあったのですが、人員規模拡大に伴い生楽器を使うという方法論にそれは変わっていきました。

それ自体は面白い変化であります。

スポンサーリンク

 

カバーは「劣化コピー」であってはならない

そのサークルには「劣化コピー」という頻出ワードがありました。

サウンドにコンセプトがあった頃の名残だと思うのですが、残念ながらこの劣化コピーの多いこと…

演者が悪いのではありません。そのコンセプトが難しすぎたのです。

 

既存曲をアコースティックなサウンドに解釈し直してアレンジする…

これがめちゃくちゃ難しい。

そのコンセプトを本当に体現するのなら、例えばジミヘンをアコギで演る(当然ながらかっこよく)くらいの度量がないといけないわけですよ。

生楽器を使うという分かりやすい方法論にシフトしたのも無理はありません。

 

「劣化コピー」ではない演奏

劣化コピーの話に戻りますが、やはり劣化コピーではない演奏は

原曲が聞きたくなる演奏

これに尽きるのではないでしょうか。

 

この曲カバーやったんや…原曲どんなやろ?
おぉ!原曲めっちゃいいやんけ!

これこそがカバーの原点だとodasisは思うのです。

ついついねじ込みたくなる個性はその上に乗るべきもの

 

カバー演奏には作者がそこに込めた意図や、場合によってはその生い立ちやBackgroundまでを踏まえたアプローチが求められるべきものだと思うわけです。

かの有名なジャズスタンダードのSunny。原曲を聴いたことがある方は少ないのでは。

 

まとめ

1番偉いのは原曲、そしてそれを最初に世に放ったその作者。

odasisも胆に命じます。

 

2016/6/24 odasis

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-DTMer向け