odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

演奏家が正しく理解すべきブルースの重要性:前編

2017/09/05

ブルースの重要性について改めて言語化しておこうと思う。やっぱり大事だから。

前編は「耳を鍛えられること」「基礎になること」の2点。

スポンサーリンク

耳が鍛えられること

ブルースは聴いておくと「おトク」なジャンル。

理由はブルースを土台にできている音楽が非常に多く応用範囲が広いからです。

 

シャッフルビートが身につく

ブルースはシャッフルビートを体得する最高の練習材料になります。

コードが簡単ですぐに覚えられますからね。

シャッフルビートを気持ちよいと感じるためにはそれなりの鍛錬が必要ですが、込み入った訓練は不要です。とにかく場数を踏みましょう。

ジャムセッションに参加するのが一番良いですが、一人で伴奏を弾くだけでも十分練習になります。

それにセッションと名打つイベントであればほぼ間違いなくブルースはリクエストできます。

 

小節数の感覚が身につく

ブルースは12小節です。

12小節のブルースという枠組みに触れ続ければ、やがてそれを一塊のブロックとして捉えられるようになります。

 

どこが終わりでどこが始まりかが体に染みつけば「もうすぐ自分の番だ」「この人がソロを終わらせるならこのタイミングだ」といった予測が可能になります。

予測ができるようになると余裕ができます。自分がどこにいるのかをはっきり把握できるようになりますから。

余裕ができると周囲のフレーズが聴こえてくるようになります。ここから一気に楽しくなりますよ。音楽もコミュニケーションです。

 

音程感覚が身につく

ブルースは3コードで構成されます。

難しく捉えられがちなコード理論も基本はこの3種類のコードだけ。

ブルースはこの3つを耳で覚えるための良い訓練材料になります。

 

慣れてくれば進行感の判別もできるようになり、曲の終わりを予測できるようになります。

ジャズのソロにおいても暗記された複雑なスケールの羅列よりもコード進行を利用した文脈作りの方が音楽的だったり。

 

コードの変化を耳で体得する上で、それがミニマルに凝縮されているブルースはとても良い練習材料になるのです。

 

基礎になること

改めて整理。

 

他のジャンルへの拡張性

繰り返しになりますが、現在の音楽の多くはそのルーツをブルースに持ちます

 

ジャズもブルースから生まれました。ブルースのコードにテンションを加え、代理コードを挟めばジャズになります。

ファンクの1発コード進行であっても、ブルースの歌わせ方が体得出来ていればフレーズに窮することはありません。

 

困った時に帰る場所。ブルースはミュージシャンにとって故郷となり得るものなのです。

 

共通言語としての機能

ジャムセッションにはいろんなタブーがありますが、どんなジャンルのジャムセッションでもブルースだけは煙たがられません

ギタリスト諸君!初参加のジャズのセッションでチック・コリアのSpainをリクエストするのはやめような!

コードと小節数さえ覚えておけば曲を止めてしまうことはないですし、初心者から上級者まで誰でも使える共通言語としての機能がブルースにはあります。

それだけいろいろなジャンルの基礎として重要な、懐の深い音楽なのです。

 

前半は以上。後編は歌心について。↓こちらから

演奏家が正しく理解すべきブルースの重要性:後編

 

2016/10/3 odasis

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け