odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

DTMer向け 制作紹介

ギタリストがテクノ制作に初チャレンジ。制作プロセスと各パートの音を晒す。(前編)【#17 Unity/odasis】

2016/11/01

テクノを作ってみました。

最初はEDMと銘打っていたのですが、先輩に「どちらかというとテクノやな〜」との指摘を頂いたのでテクノにします。笑

そのレベルなのです!

ジャンルの区分けすら十分に理解できていない、クラブにすら行ったことがないodasisですが、どうしても中田ヤスタカ氏みたいな曲が作りたかったのだ。

参考曲はLiar Game Season 1のオープニング曲

スポンサーリンク

気づいた点

実際に作ってみて思ったことを以下に列挙。初心者が初めて作ってみての感想なので悪しからず。

  • フィルインの作り込みがかなり重要と思う。今回作ったフィルインの解説は後述。
  • 尺決めもフィルインと同じくらい重要。テクノを聴いてると「ここまでやるか?」というくらい同じフレーズがループされますが、いざ作って見ると「ここまでやらないと!」となりました。短いと違和感があったりするんですね。あと実際にDJやる人なら、踊り手の踊りやすさも尺決めには影響するだろうな。
  • 主旋律はそんなに難しいことはしていません。後編で書いています。
  • ベースは特にワブらせてもいないのでそこまで時間もかかってない。音作りも大事ですが、ADSRとグライド、あとは音価の方がよほど大事。
    Sleepfreaksに解説があります。概ねこんな感じ。ローパスフィルターでブリブリ具合を調節。カットオフにエンベロープを充てて少しうねりを出しています。

  • DamageやRise & Hitなどのお得系音源はテクノでも大変重宝。Massiveも含めてKomplete Ultimateに入っています。
  • 変態プラグイン「Glitch2」大好きです。今回でいうと7秒〜と1分39秒から聴こえるノイズ。あれはGlitch2をメインのリードに咬ませただけ。これについては後編で。
  • 今回は生ピアノを鳴らしていますが、リバーブをセンドではなくインサートで咬ませています。いい具合に浮いた。

フィルインについて

構成はこんな感じ

  1. Massiveのリバース
  2. Rise & Hit
  3. Massiveのグリスダウン
  4. Batteryのドラムス

それぞれ見ていくと

Massiveのリバース

こんな音

  • 1小節駆け上がりのノイズ
  • 2小節駆け上がりのギターのハウリングのような音
  • 2小節駆け上がりのノイズ+ノコギリ波

上記全てMassiveで作っています。3つ目だけ参考までにこんな設定。他は大したことないけどヒミツにします。

リバース系のトラックはテクノに限らずポップスでもめちゃくちゃ便利。サビの前とか。
Massiveならいろんなパターンが作れます。

 

Rise & Hit

こんな音源です。そう!お得なのよ。

これを2トラック重ねてこんな感じの音。

 

 

Massiveのグリスダウン

こんな音。サイドにダブリングしてショートディレイ。左に寄せています。

これもMassive。こんな感じ。LFOのTimeにもエンベロープをかけて徐々に早めています。

 

Batteryのフィルイン

こんな音。

Batteryでキックやタム、スネアをレイヤーし5種類ぐらいの音で作っています。

 

全部まとめると

こんな音!これでフィルインの完成。

 

 

後編は主旋律とグリッチノイズについて。

ギタリストがテクノ制作に初チャレンジ。制作プロセスと各パートの音を晒す。(後編)【#17 Unity/odasis】

2016/10/12 odasis

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-DTMer向け, 制作紹介