アニメ備忘録(2018)

これまで見たものを備忘します

  • これまで見てきた & これから見る予定のアニメを備忘としてまとめておきます。
  • 2018年に見たものになります。
  • ★は5が最高です。odasisの独断と偏見です。
  • 基本的に全部面白いです。日本のアニメって本当にすごいなぁ。
  • 2017年のリストはこちら

 

見たものリスト(一部ネタバレもあります)

1. GUNSLINGER GIRL(13話)

★★★
→とても硬派・シリアスな内容。OPなし。メッセージとても強烈でいろいろと考えさせられるんですが、とにかく暗い。音楽も暗い。世界観は結構洗練されてて面白いです。実写化とか良さそうな気もします。

2. ラブライブ!サンシャイン!!(13話)

★★★
→シリーズ2期。1期より各キャラクターにフォーカスした描写は少なく、あっさり目。全キャラクターがミュージカルのようなセリフを話すのでソワソワします。るびぃは腕疲れないのかな。個人的には曜ちゃん推しだYO!

3. 花咲くいろは(26話)

★★★★★
→働く女の子シリーズ。素朴な物語なんですけど、描写がステキ。観終わった後の後味も最高でした。劇伴がギターの楽曲が多かった印象。

4. 干物妹!うまるちゃん(1期12話+2期12話 計24話)

★★★★★+
→めちゃくちゃ面白かった…日常系では「WORKING!!」シリーズに並ぶくらい好き。エロとか萌えに媚びすぎない「うまる」の可愛さは唯一無二ですね。主題歌も総じて素敵。1期OP曲は映像も合わせて神がかってると思います。

5. サクラクエスト(25話)

★★★
→働く女の子シリーズ。働くとはどういうことか、シンプルなメッセージで後味も爽やか。安心して見られる。ただ登場人物があんまりキャラ立ちしてる感じが無かったが少し残念。

6. 食戟のソーマ(1期24話+2期13話+3期12話 計49話)

★★★★★
→痛快なストーリー、適度なエロ描写、圧倒されるツッコミどころ…ジャンプで連載されているとは知らずに見始めましたが、同じような展開なのに飽きない。「なんで料理で勝負ばっかりしてるんだ?」っていうツッコミどころが最高です。次期にも期待。

7. プラネテス(26話)

★★★★★
→硬派。戦争や差別、格差などの人間らしいテーマを宇宙を中心に描いています。内容は結構重めなんですが、暗いわけではなく、後味もスッキリ。

8. ゆるキャン△(12話)

★★★★★
→登場人物のキャラが立っててみんなめちゃくちゃ可愛い。出てくる料理も美味しそう。OP・EDともにとても良い。劇伴はケルトっぽい雰囲気あり、それのおかげか日常系ながらも少し異世界感がある。

9. りゅうおうのおしごと!(12話)

★★★★
→将棋がテーマのラブコメ。絶妙に出てくるエロシーンに作者の拘りを感じる。登場人物はテンプレながらもツボを押さえていて見ていて心地よい。

10. 宇宙よりも遠い場所(13話)

★★★★★
→泣けるシーンがめちゃくちゃ多い。友情と夢とか暑苦しくなりがちなテーマながら、後味もスッキリ爽やかな感動に包まれます。各キャラクターそれぞれに胸に刺さる葛藤があって終始感情移入してしまいます。日向の名言が好き。

11. デュラララ!!(24話)

★★★
→バッカーノ!に似てるなぁと思ったら案の定バッカーノ!のキャラクターが出てきた。「一見無関係に見えるものものも全て繋がっている」みたいなメッセージだろうか。ドキドキハラハラも胸キュンも少ないけれど、独特の浮遊感が楽しめる作品。音楽はエグい音使いのものが多く(コントラバス?のソロとか)て、それも相まって独特の雰囲気を感じられます。前半のOPが最高に良い。

12. 政宗くんのリベンジ(12話)

★★★
→ゆるいラブコメ。特に目新しいキャラ設定があるわけではないけれどもゆるく見れる。背中が痒くなる感じ。

13. ハクメイとミコチ(12話)

★★★★
→日常系っぽいけれども、独特の異世界感とノスタルジーを感じる作品。食べ物や家具、風呂など日常生活の描写がとても良い。

14. らき☆すた(24話)

★★★★
→日常系の先駆的存在?いま出てきても新しさを感じるんじゃないかというくらいの強烈なユーモアでめちゃくちゃ面白い。OPはもちろん、音楽も印象的でとても良い。

15. STAR DRIVER 輝きのタクト(6話で挫折…)

★★
→濃すぎる世界観についていけず挫折…めちゃくちゃコアなファンがいそうな作品。

16. 涼宮ハルヒの憂鬱(28話)

★★★★
→必修科目と言われながらスルーしてきたハルヒをここにきてようやく観了。エンドレスエイトもちゃんと全部観ました。いまのアニメの作風に影響与えた部分もたくさんあると思うけれど、その当時どんな風に見えたのかはめちゃくちゃ気になる。音楽も良い(特に前半)。ストーリーはめちゃくちゃですが、青春時代がなんとなく懐かしくなる作品です。

17. 偽物語(11話)

★★★★
→化物語より少し柔らかめの世界観。性描写は過激ですが、あざとさはあまり感じず。スッキリ観られます。

18. 3月のライオン(2期22話)

★★★★★
→2期に入ってグッと面白くなった。いじめの実態や、それに立ち向かうひなちゃんの描写、少しずつ心を開いていく玲もとても良かった。繊細で見所の多い作品でした。

19. 猫物語(黒)(4話)

★★★★
→安定感。落ち着く。

20. ギルティクラウン(22話)

★★★
→世界観はすごく良くて、音楽も引き込まれる感じで良かったけれど、全体的に感情移入がしにくかった。王としての葛藤や、愛・友情など、分かりやすい主題がいくつかあったものの、感情移入しやすい描写やキャラクターがいなかった感じ。

21. 東のエデン(11話)

★★★★
→分かりやすくてあっさり観終わってしまったが、観終わった後に最後2話に細かい示唆が含まれているような気がしてしまって直後にもう一度見てしまった。キャッチコピーは「この国の”空気”に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語」とのこと。たしかにそういうメッセージ性も強かったけれど、細かい演出の不気味さがクセになる感じでした。

22. 僕だけがいない街(12話)

★★★★★
→設定自体はよくある感じですが、描写が繊細でグッと来る場面が多く、オチにも他にありそうであんまりなさそうな感じ。特に八代の描写が狂気と人間味の両面でとても良かった。爽やかなハッピーエンドも好印象で総じて好きな作品。OPのアジカン「Re:RE:」は中学時代に死ぬほど聴いた曲でしたが、これだけ時間が経ってもとても新鮮で作品にもマッチしていて感動でした。EDの「それは小さな光のような」もドラマチックでとてもカッコいい。劇伴音楽も非常によかった。

23. 猫物語(白)(4話)

★★★★
→物語シリーズと思えない分かりやすさでした。後味もサッパリしてて好印象な作品。エロ描写は控えめ。化物語のような不気味さは少し減ってる感じ。

24. とらドラ!(25話)

★★★
→最後数話がジェットコースターみたいな展開で面白かった。少し韓流っぽい気がする。前半のOPがすごく良い。

25. 傾物語(4話)

★★★★
→安定して良い。八九寺がメインのストーリーかと思えば、実はそんなことなくてちょっと寂しさもあり。八九寺可愛い好き過ぎる。

26. 狼と香辛料(1期13話+2期12話 計25話)

★★★★★
→(1期)不思議だけれどもどこか安心感のある世界観。ホロのキャラクターが愛嬌あって可愛い。展開も緩やかでライトに観れる。OP・EDともにとても良い。OP曲の不気味さが微妙に世界観に合っていないような気もする。(曲自体は最高にカッコいい)

(2期)ホロが最高に可愛くなってくる。切なくなる描写もあるけれど、やはり心温まる描写が多い。

27. 物語シリーズ2期(「囮物語」4話+「鬼物語」4話+「恋物語」5話+「花物語」4話=17話)

★★★★★
→後半に進むにつれキャラに愛着が湧く。人間味あふれる描写も多くてステキ。ずっと観ていられる。音楽も相変わらず良い。全カットがそのまま絵にできそうなくらいかっこいい。

28. バジリスク 〜桜花忍法帖〜(24話)


→うーん…苦しい。前作(甲賀忍法帖)が良かっただけに苦しい内容。前作のテンポの良さ、エグい死生観、愛嬌のあるキャラクター、潔い結末、そのあたりの魅力をうわべだけ掬ったような内容でした…

29. ダーリン・イン・ザ・フランキス(6話まで)

→少々露骨な性描写が多いのですが、その必然性を感じられず(作者がただ描きたいだけに見えた)6話で挫折。

30. 3D彼女 リアルガール(3話まで)

→ゆるく観られそうではあったけれど、特段の魅力が感じられそうになかったため3話で終了。

31. ひぐらしのなく頃に(1期26話+2期24話+OVA4話+OVA5話 計59話

★★★★
→強烈だった。特に1期の前半は作画のタッチや音楽も相まって不気味を極めていた。ただ1期の最後でその後の展開が概ね読めてしまったこと、2期の後半が少しダレていた(時間稼ぎ感を感じてしまった)のが少し残念。既視感のあるタイムループ系の設定であるが、当時はどの程度の新鮮さであったのかとても興味がある。

32. 日常(26話

★★★★★+
→最高に面白かった。強烈なギャグセンスなのに、26話全部観ても飽きない。キャラデザが特段可愛い訳ではないのに、キャラクターと声とが相まってみんな可愛い。とにかく癖になる。OP前半・後半、EDの「Zzz」ともにめちゃくちゃいい曲。観終わるのがもったいないくらい素敵な作品でした。

33. ReLIFE(13話

★★★
→27歳ニートが高校生から人生をやり直すという物語。SF設定だがその設定を深掘りするような感じはなく、またラブコメの女の子全員が主人公に惚れるみたいな定番の流れもない。よくある感じのストーリーだけれどキュンとくる瞬間が結構ある。女性のキャラクターがみんな可愛い。音楽が独特でJazztronikみたい。

34. ブラックラグーン(1期12話+2期12話+OVA5話=29話

★★★★
→とある事件をきっかけに危険な運び屋になった日本人の物語。平和を訴えるようなメッセージよりは、人間の残酷さとか、我々が享受している「普通」の脆さなどのシニカルな描写が多い。スリリングで飽きない展開ではあるが、とにかく毎話人が死ぬので少し疲れる。音楽は劇伴も素晴らしいしOPもめちゃくちゃかっこいい。

35. この素晴らしい世界に祝福を!(1期10話+2期10話=20話

★★★
→異世界スマホ以来に観る異世界系。一見ラブコメに見えるけれど、主人公を取り合うみたいな定番の流れにはならない。エロ描写もほとんどない。定番っぽいのに定番ではない感じが妙に惹かれる。

36. 氷菓(22話

★★★★★
→ソフトな謎解き、ソフトな人間模様、全体的にマイルドなストーリー展開であるけれど、素朴でキュンとくる場面が多い。青春感がすごい。ラストシーンは本当にとてもとても良かった。

37. 憑物語(4話

★★★★
→もはや安心感すら感じる物語シリーズ。今作は少しおとなしめのストーリー。OPがめちゃくちゃいい。

38. CLANNAD(1期22話+2期22話=44話

★★★★★
→1期の時点では普通のアニメ。2期がヤバい。リアルで胸に刺さるストーリーで、どことなく暗いハッピーエンドも良い。渚・智也それぞれの家族の描写も素晴らしくて、家族とはなにかみたいなことを考えさせられる。萌えの描写など少し古い部分もあるけれど(昔のアニメだし)、かなり見応えある内容と思う。1期のOP「メグメル」の中毒性がヤバい。

2018年視聴話数 合計 726 話(=363 時間)

累計 1628 話(=814時間)

 

 

現在視聴中

  • 残響のテロル
  • 終物語

 

これから見るものリスト

お勧めされれば見るのでどんどん連絡ください!

  • 桜Trick
  • アイカツ
  • Angel Beats
  • こばと。
  • ダイナミックコード
  • エルフィンリート
  • リズと青い鳥

2018/09/18