アニメ備忘録(2019)

これまで見たものを備忘します

  • これまで見てきた & これから見る予定のアニメを備忘としてまとめておきます。
  • 2019年に見たものになります。
  • ★は5が最高です。odasisの独断と偏見です。
  • 日本のアニメって本当にすごいなぁ。
  • 2017年のリストはこちら。2018年のリストはこちら

 

見たものリスト(一部ネタバレもあります)

1. ゾンビランドサガ(12話)

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。ゾンビがアイドルという設定が既に勝ち確。しかし設定頼みの印象はなく、アイドル業界への風刺などがゾンビという設定だからこそ強烈に刺さってきます。面白い。音楽も奇抜なもの多いけれど、作品に寄り添ってる感じがしてとても好き。戦隊っぽいOPはもちろん、氣志團風のキャラソンなどは鳥肌立ちました。

2. ジョジョの奇妙な冒険(26話)

★★★
→最初の数話、見方(というか接し方)が分からなかったが、途中からクセになってきた。個人的には高度なギャグ作品と理解しているけどどうなんだろう。OPが前半後半ともにめちゃかっこ良かったけど、本編に比べて音量が控えめであったのが少し残念(そういう音響設計?)でした。

3. 色づく世界の明日から(13話)

★★
→キャラのデザインも絵の質感も音楽も素敵なのに、内容に引き込まれる部分がほとんどなかった。時を遡るという世界戦争にもなりえるような大魔法を目の当たりにしても誰一人驚いていないというような細かい設定上の不自然さはさておき、伝えたいであろうメッセージ性や描写に、設定や出来事が噛み合っていない印象があり、かといって世界観は割とシリアスなので悪い意味で緊迫感がある。

4. SSSS.GRIDMAN(12話)

★★★★★
→音がめちゃくちゃ凄かった。音楽もMAも映画みたいで大音量で観たくなる作品。最後のオチは少し難解でしたが、全体的にテンポが良くて飽きずに最後まで観られた。面白かった!

5. 幸腹グラフィティ(12話)

★★★
→食事にフォーカスした珍しい作品。美味しそうに食べる少女たちを愛でるというのがコンセプト思われるが、シャフトのシャフト感がイマイチマッチしていない感じがありました…美味しそうで綺麗な描写なのに食べる瞬間にどうしても物語シリーズが想起されてしまうと言う感じ。OP・EDはもちろん、次回予告の曲が中毒性高い。

6. 中二病でも恋がしたい!(12話)

★★★★
→面白かった。各キャラクターが回を追うごとに愛おしくなってくる作品。デコモリのキャラクターが最高に好き。

7. 夏目友人帳(3期13話+4期13話+5期12話=38話)

★★★★★
→ずっと観ていられる。これだけシリーズが続いていられるのに毎話グッとくるのがすごい。5期に名取・塔子それぞれの過去回があるが、特に好きでした。これからもずっと続いていって欲しい。

8. PSYCHO-PASS サイコパス(22話)

★★★★
→ものすごく面白かったんですが、人たくさん死ぬし気が滅入る感じが少しあったので★4。人間らしさについて、押し付けがましくないメッセージ性が素敵。

9. 約束のネバーランド(12話)

★★★★★
→凄く良かった。全話通して緊張感がありダレずに観ることができた。狂気を感じる世界観や人物の描写、子供達を通して描かれる人間の意志の強さや自由を求める本能、日常では感じにくい世界の残酷さなど、メッセージ性はとても強く、幼い子供達を通して描かれるがゆえに絶望はより深く、希望はより強く映り、グッと刺さる。音楽もめちゃくちゃ良かった。綺麗だった。2期にも期待。

10. えんどろ~!(12話)

★★★★
→可愛い。とにかく可愛い。マオちゃん先生が死ぬほど可愛い。

11. PSYCHO-PASS サイコパス 2(11話)

★★★★
→面白い。ややこしいストーリーだけれどオチには納得感がある。ただ人がたくさん死ぬのでやはり気が滅入る…

12. 私に天使が舞い降りた!(12話)

★★★★★
→とにかく可愛い。テンポがよくて笑えるし、キャラみんな可愛くてずっと観ていられる。エンディング曲が映像も相まって最高に可愛い。最終話の長いミュージカルがすごい。

13. ケムリクサ(12話)

★★★
→見方がイマイチ分からず…ストーリー自体は結構分かりやすいけれど、世界観やタッチが作者の個人的趣味の色が強くて、そこが響かないとついていけない。狂信的なファンが多そうな作品。

14. Re:ゼロから始める異世界生活(25話)

★★★★
→通称リゼロ。ストーリーや話の展開は既視感があるけれど、王道的な爽快感がありました。ただ、主人公(スバル)が思いの強さゆえに堕ち、そこから復活するという流れの動機の描写が弱く感じられ、スバルに対して感情移入がしにくい。(なんでそんなことしたの?と思う場面や、立ち直りの場面が少し強引に感じられる)回収されていない伏線がいくつかあるようにも思うけれど、キャラの可愛さやテンポ感もあって面白かったように感じる。音楽は全体的に良い感じでOPが特に好き。

15. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(13話)

★★★
→通称ダンまち。全体的によくある感じの作品だった。

2018年視聴話数 合計 244 話(=122 時間)

累計 2162 話(=1081時間)

 

 

現在視聴中

  • ジョジョ

 

これから見るものリスト

お勧めされれば見るのでどんどん連絡ください!

  • 桜Trick
  • アイカツ
  • Angel Beats
  • こばと。
  • ダイナミックコード
  • エルフィンリート
  • リズと青い鳥

2019/05/20