アニメ備忘録(2021)

これまで見たものを備忘します

  • これまで見てきたアニメを備忘としてまとめておきます。
  • ★は5が最高です。個人的感想です。

見たものリスト(一部ネタバレもあります)

1. 魔王城でおやすみ(12話)

★★★★★
→途中からめちゃくちゃハマった。最初の2話くらい「このアニメ大丈夫かな…?」と不安になったけれど、見方が分かってくるとクセになって止まらなくなる。「ノンレム睡眠レム睡眠」が強烈に頭に残るOPも良かった。

2. 魔女の旅々(12話)

★★★
→よく話題に上がるので観てみましたがいまいち刺さらなかったです…キャラクターのデザインや絵は良かった。

3. 瀬戸の花嫁(26話)

★★★★
→豪快でコテコテのノリやキャラクターのコメディなんですが、観れば観るほどクセになって止まらなくなります。絵はさすがに古さを感じますがキャラクターはイキイキしていて、ヒロインの瀬戸燦もとても可愛い!最後は泣けてしまって観た後の不思議な達成感もありました。好きな人にはグサッと刺さる素敵な作品でした。

4. おちこぼれフルーツタルト(12話)

★★★★
→よく目にするタイトルで気になったので観てみた。「えんどろ〜!」みたいなゆるふわ系作品かと思いきや、ネタが結構ディープで「それ大丈夫?w」みたいな部分も多くて思ったよりずっとスリリングでした。独特のアクが観るほどクセになってくるので結構面白かったです。

5. 安達としまむら(12話)

★★★★
→かなりしっかり目の百合作品。ソフトな百合描写はいまのアニメだとよく出てくるのですが、ここまでガッツリ描写している作品は初めて遭遇したかもしれない。浮遊感のある世界観や声優陣のさすがの演技もあって、設定への共感は難しくても(経験したことないから)アニメ作品として楽しめる感じがありました。なんとなく漂う闇具合も引き込まれるし、かといって鬱展開というわけでもなくて絶妙なバランスの作品だなぁと思いました。

6. Just Because!(12話)

★★★★
→青春系の比較的王道タイプの作品。止まらなくて1日で一気観してしまった。この手の青春系の作品って視聴者側の経験次第で見え方が大きく変わる感じがある気もしますが僕にはめちゃくちゃ刺さりました。よくある/王道系の展開とはいえ、自分が経験した、あるいは目撃したような描写がたくさん散りばめられていて、高校生らしい気持ちの変化とか、筋の通らなさとか、そういうリアルさがあったようにも思う。女の子キャラがフラれるシーンは毎度ダメージが大きい…

7. ガン×ソード(26話)

★★★★
→不思議なSF作品。人物の描写とかは結構シックな質感になっているのですが、ロボット系の描写は厨二感もそこそこあって不思議なギャップがある。人物面でもウェンディやヴァンといった主要キャラの心情面がよく描写されているけれど、絶妙に期待を裏切られる場面も多かったりして、良くも悪くも王道ではない描写になっている感じがしました。音楽はとても良くて、ダンの登場BGMなどは音楽が演出を引っ張っている感じすらありました。

8. アサシンズプライド(8話でストップ)

★不明
→面白くないというわけではないのですが、真面目な雰囲気とありがちな展開で疲れてしまいました…

9. 虚構推理(12話)

★★★★
→キャラクターが魅力的でどこか引き込まれる世界観の作品。

10. きんいろモザイク(12話)

★★★
→王道の日常系という感じで、特に何か展開があるわけでもないけれどユルく観られる心地よさがあります。時々混ざるクセのあるユーモアがキャラ立ちしていてよかった。

11. ゴールデンカムイ(1期12話+2期12話=24話)

★★★★
→面白かった。割とシリアスな世界観かと思いきや、意外とソフトな描写で鬱々しないのが凄く良かった。主人公2人のキャラクターがとても愛嬌があって、ゆっくり進んでいくシリアスなストーリー展開とのバランスがとても良かった。性描写がエラく極端でウケた。次期もとても楽しみ。

12. 進撃の巨人(3期まで 59話)

★★★★★
→原作がもうすぐ完結するとのことで観ることにしました。原作をある程度読んでいたため観る気になれなかった(知っている話だと思うと腰が重い)のですが、観始めると止まらないし想像以上にめちゃくちゃ面白い。知っている話なのにワクワクするし鳥肌も立つし、原作だと伝わってこなかった心情面の描写とかもしっかり描かれていてとにかく見応えがあります。OPやEDを担当するLinked Horizonも世界観を強力に補強している感じもあり「そりゃあれだけ流行るわけだ」と納得感もありました。最終シーズンまでしっかり楽しみたい!

13. Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(25話)

★★★★
→リゼロの2期。見始めると止まらない感じや絶妙にハラハラする展開など、期待を裏切らないところが凄いなぁと思いました。泣かせにかかる描写がちょっと脂っこい感じもあるのですが(これは1期から)、それも含めてリゼロらしくて最後まで楽しむことができました。女性キャラが全員ヒロイン張りの濃さで可愛いし、2期から登場の声優陣も豪華極まりなくて、コンテンツのスケールの大きさを改めて感じました。次期もしっかり観たい。

14. ゆるキャン△ SEASON2(13話)

★★★★
→ずっと観ていたくなるし、不安になるところが一切なくて癒し要素が凝縮されている感じ。3期も出てくれば絶対見たい!

15. 呪術廻戦(24話)

★★★★
→観始めると止まらないし爽快感もあって面白い作品でした!ただ巷で騒がれているほどの刺さり方はしなかった印象もあります。王道のカッコよさや痛快感があって親しみやすいし、グロテスクな描写もマイルドで接しやすい。独特の死生観も不思議で良かった。劇伴にはラップや歌唱が散りばめられていて印象に残りやすい作りになっていた!

16. のんのんびより のんすとっぷ(12話)

★★★★★
→素晴らしかった!シーズンを重ねるほどに愛着が湧く感じもあって、今回もバッチリ刺さったし最高だった。あと100話くらい観たい。新キャラに田中あいみさんが起用されていて感動してちょっと泣いた。

17. 約束のネバーランド シーズン2(12話)

★★
→この期だけ観れば無難な作品に映ったのかもしれないけれど、1期が素晴らしかっただけにさすがに満足しがたい内容でした。1期のキャラのキレや独特の緊張感が悉く削がれた質感で、1期で個人的に感じていた良さがほとんど残っていなかったような印象でした。音楽などの各要素は相変わらず素晴らしいのに本当にもったいなかったです…

18. 回復術士のやり直し(12話)

★★★★
→衝撃的な内容の作品でした!アニメストアの上位にランキングしているし、タイトル的にも王道異世界系かと思いきや、蓋を開けてみれば!ただ、これまでに接したことのない新しさがあったし、観ている側がハラハラする感じもあり、良くも悪くもブッとんだ内容で結構楽しめました。

19. ひぐらしのなく頃に業(24話)

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。10年以上続くコンテンツということでキャラクターには若干の古さもあるけれど、それはそれで良い感じだし、キレ具合は健在で凄かった。スケールがどんどん大きくなっていくのに間延び感が全然ないし最後までしっかり観たいと思える作品です。

20. 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~(11話)

★★★★
→なんとも不思議な作品で、真面目なのかふざけているのか分からない浮遊感がやみつきになります。主人公のひねくれ感や突然始まる一夫多妻制など、独特のツッコミどころも最高です。次期も楽しみ。

21. 映像研には手を出すな!(12話)

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。高校生のアニメ制作がテーマということで、創作にまつわるいろんな描写が散りばめられており、また世界設定も独特で面白い質感なので凄い新しさがありました。現実離れしている描写ももちろんありますが(アニメですし)、創作の楽しさや難しさが純粋なタッチで描かれていて、定期的に見返したくなる優しさがありました。

22. Angel Beats!(13話)

★★★★
→適度なラブコメ感と不思議な世界観、いまとなっては同じようなタッチのものがたくさんありますが当時は新鮮に映ったのだろうなぁと思います。ところどころの納得感の薄さもこれはこれで好きでした。

23. がっこうぐらし!(12話)

★★★★★
→見た目のフワフワ感を叩き割るダークさ。かなり徹底されていて凄い。結構予想が裏切られることも多くてハラハラして疲れるのに止まらない。個別の要素を切り出すと既視感もあるけど全体で観ると凄い新鮮さがありました。最後はポジティブにも取れる終わり方で、子供たちの成長に胸を打たれる感じもありとてもよかったです。

24. 結城友奈は勇者である(12話)

★★★
→キャラ人気がかなりありそうな作品。いろんな伏線があったのかもしれないのですが、全体的な絶望感の割にはあっさりした終わり方だったり、キャラに感情移入しにくかったりと消化不良感もありました。

25. となりの吸血鬼さん(12話)

★★★★
→日常系。シンプルに良くて和む。メイドラゴンや仙子さんよろしく、設定上の切なさ(人間より長寿命の生き物と人間の関わり)には踏み込むことがない感じ。

26. グレイプニル(13話)

★★★
→性描写とかは結構過激なのですが、ストーリーにはついていけないことも多くて、あっけなく終わってしまった印象もありました。設定や伏線とかをしっかり追えばもっと楽しめたのかもしれないです。

27. 逆境無頼カイジ(1期26話+2期「破戒録篇」26話=52話)

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。いろんなところで使われているネタの元ネタがギッシリ詰まっていてそれだけでも十分楽しめる。「なんでやねん!」とツッコミたくなるところがあれば、「分かるー!!」となる部分もあるし、キメの部分はカッコよさ・爽快感もあって、とにかく観ていて楽しい。これだけいろんなところで流用されるのも納得のおもしろさでした。特に2期の前半がスリリングで好きでした。

28. ストライク・ザ・ブラッド(24話)

★★★
→キャラが可愛くてアクションも適度な暗さもあり人気が出るのも納得の質感でした。既視感ある感じの展開や設定で、いろいろ観ている人には物足りない感じもあるかもしれないですが、シンプルに楽しめる王道系作品という印象でした。

29. 推しが武道館いってくれたら死ぬ(12話)

★★★★
→通称「推し武道」。「推す側ってこんな気持ちなのかぁ」と新鮮な感じがありました。主人公のオタクが女性なので良い感じに清潔感ある作風になっていますが、中身だけ取り出すとコテコテだし、ラブコメ的な描写も多くていろんな角度から楽しめそう。時折出てくるキレッキレのユーモアも刺さりました。

30. ゆらぎ荘の幽奈さん(12話)

★★★
→なんとなくユルい作品が観たくて観てみたらめっちゃエロアニメでびっくりしましたw コテコテな感じも好きな人は好きそう。オープニング曲がめちゃくちゃ好きでした。

31. スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(6話まで)

★★★
→途中で挫折しました…好きな人は好きそうな、独特のゆるふわさがある作品です。

32. デジモンアドベンチャー(54話)

★★★★★
→言わずと知れた殿堂入り作品。僕が小学生の頃のアニメで、ビデオを借りて見ていた記憶もあるのですが改めて観てみました。思い出補正もありとても感動した!いまのアニメから考えると描写がところどころ粗かったりもするのですが、小さい頃に感じたワクワク感は20年経ったいまでもしっかり感じられました。21話の八神ヒカリの登場回だけ明らかに異質な質感で、トラウマ的な怖さ(劇伴で登場するボレロが怖い)もありつつ、しっかり感動できる神回でした。オープニング曲のButter-flyは言うまでもなく、進化シーンの歌やエンディングの2曲も素晴らしかったです。

33. デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!(1話)

★★★★★+
→めちゃくちゃよかった!!!子供の頃に観たことがあったような気もするが、大人になった今の方が鳥肌が立つ感じがあった。アニメ本編と打って変わって浮遊感のある質感になっていて、当時の子供たちには感動に加えてトラウマ(これはポジティブなもの)にもなりそうな圧が全体的にあった。オメガモンは登場の流れはすごく感動的だし、キャラデザも相まってめちゃくちゃ泣ける。その後のデジモンの礎になっていく圧倒的な存在感で、その後のデジモンブームも頷ける感じでした。音楽もアニメ本編と全く違う質感で最高だった。

34. デジモンアドベンチャー02(50話)

★★★★
→リアタイで観ていたはずの02。出てくるデジモンは全部はっきり覚えていましたがストーリーや展開は全然覚えていませんでしたw 初代の流れを引きつつ、キャラの質感や登場するデジモン・進化のアプローチにも変化が加えられていて、まさに「02」という感じ。登場するデジモンは全部めちゃくちゃカッコ良くて、パイルドラモンの登場シーンなどは鳥肌が立ちました。進化に至る経緯や、子供たちの成長の描写はあっさりしていて、少年向けアニメという感じもありました。エンディング曲はもちろん、オープニング曲が最高にカッコいい。

35. シャドーハウス(13話)

★★★★
→尻上がりに見応えが増していった印象で、2期以降のストーリーに山場がありそうな展開で終わりました。設定や質感には「約束のネバーランド」の1期に通じる部分もあるのですが、こちらの方がキャラ萌え要素もいくらかあり、ソフトな印象でした。設定の闇具合とキャラクターのソフトさのギャップのせいで少し話に乗りにくい部分もあるのですが中盤以降は馴染んでくる感じもありました。次期以降のハードルを高くしているような作風で少し心配になる部分もありますが、2期が楽しみな作品です!

36. スーパーカブ(12話)

★★★★★
→素晴らしかった!!ゆるキャンよりもシックで落ち着いた質感で、暖かい雰囲気の中にも切なさや喜怒哀楽が繊細に描かれていて、「観てしまうのがもったいない!」と感じてしまう。素材の良さを極限まで活かしたプロの料理のような、そんな贅沢が詰まっている作品でした。こういう質感の作品は商業的な成功とはなかなか縁遠い感じもあるのですが、どうにか負けずに残っていって欲しいなぁと思いました!

37. Vivy -Fluorite Eye’s Song-(13話 総集編は観ていません)

★★★★★
→ものすごく丁寧で、ガラス細工のような作品でした!!とても13話とは思えない量感があって、ラストの畳み掛けるような回想にはまるで4クールのアニメの最終回かのようなパワーがありました。個人的にはストーリーがやや分かりにくかった印象があり、途中何度か巻き戻ししないといけない箇所もあったのですが、よく分からないなりにもラストにはしっかりと強いオチが付けられていて良かった。音楽も素晴らしくて、強いファンが付きそうなアニメでした!

38. オッドタクシー(13話)

★★★★★+
→最高の作品だった。独特のキャラクターやアニメライクではないキャスティング、オープニングやエンディング、劇伴などの各要素だけでも素晴らしいし、やりとりの間やユーモアも良くて、人間が登場しないアニメなのに実写のような不思議なリアルさがあり、見進めるのがもったいなくなる愛おしさがありました。コメディ的にも100点overなのに、サスペンスとしての伏線も本当に素晴らしくていろんな楽しみ方ができる素晴らしい作品だった。本当に良かった。

39. ドラゴン、家を買う。(4話まで)

→ユルくて独特の世界観。ありそうであまりない感じの雰囲気で、子供ウケとかも良さそう。オーイシマサヨシのOPがすごく良かった。

40. 幼女戦記(12話)

★★★★
→面白かった。変わったアプローチの異世界転生系で、主人公の捻くれ具合(「実は根はいい人」的な描写もなくて徹底されている)も面白いし、ありがちなキャラ萌え描写もなくていわゆる異世界系とは違う質感。ハッピーエンドになる気配も薄そうながら、暗い気分になるような感じもなくて良かったです。

41. ウマ娘 プリティーダービー(6話まで)

→明るくて真っ直ぐなストーリーでしたが明るすぎて折れてしまいました…馬を女の子に置き換えるという描写が思いの外違和感なくて、ストレートな青春感もありました。

42. 幼女戦記(12話)

★★★★
→面白かった。変わったアプローチの異世界転生系で、主人公の捻くれ具合(「実は根はいい人」的な描写もなくて徹底されている)も面白いし、ありがちなキャラ萌え描写もなくていわゆる異世界系とは違う質感。ハッピーエンドになる気配も薄そうながら、暗い気分になるような感じもなくて良かったです。

43. ゾンビランドサガ リベンジ(12話)

★★★★
→あまり話題にならなかった?感じもありますが、2期として普通に楽しめました。1期ほどのインパクトが無かった感じもありましたが、1期からの一気見であれば最後まで楽しめそうな感じです。

44. フリクリ(6話)

★★★★
→かなり濃かった!内容は理解しきれなかった感じもあるのですが、独特の質感で引き込まれる。音楽もアニメっぽさが全然なくて、いわゆるアニメのキャッチーさみたいなものとは真逆のような作品でした。

45. 幼なじみが絶対に負けないラブコメ(12話)

★★★★
→通称「おさまけ」。キャストもラブコメ特化型という感じで、王道の雰囲気でした。ラブコメ耐性がある程度付いていないとご都合主義具合に置いていかれるような感じもしましたが、個人的には好きなジャンルだったので楽しめました。

46. この音とまれ!(26話)

★★★
→音楽をテーマにした作品ではありますが雰囲気は割と体育会系。文化系・創作系における体育系とは違う難しさの本質的な描写はほとんどなく、部員はみんな疑うことなく努力するし、折れて消えてしまう部員もいない。(←個人的にはこういうヌルいキャラがいる方がしっくりくる)全体的に明るく前向きな作品で、いろんな人に受け入れられそうなタッチではありますが、音楽家・クリエイターに共感を得やすいような作りにはなっていなかったので少し馴染みにくかったです。

47. はたらく魔王さま!(13話)

★★★★
→結構好きでした。どこに着地するでもないフワフワっとした質感で、掴み所のなさが妙に癖になる。

48. ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom(5話まで)

→神アニメの匂いもしましたが全体的に暗い雰囲気(いま風ではないというだけなのですが)で馴染めず…また機会を見つけて見ようと思います。

49. 東京リベンジャーズ(24話)

★★★★
→よかった!設定とかはまどマギやシュタゲでもお馴染みで、ヤンキーものと組み合わせるという新しさ。お手本のような再生産という感じで、アニメに慣れていない人にも親しみやすいし、先がある程度読めていてもシンプルな爽快感で楽しめる感じがありました。呪術廻戦もそうでしたが、ヒロインよりはヒーローのカッコよさ(=女性ウケの良さ)が最近のトレンドなのかもしれないなぁとも思いました。

50. 探偵はもう、死んでいる。(12話)

★★★★
→1話でかなり引き込まれる感じがありましたが、その後尻すぼみに分かりにくくなっていった感じがありました。それでも全体的には綺麗でキャラも可愛くて魅力的な作品でした。

51. モブサイコ100 Ⅱ(13話)

★★★★
→かなり尖っていて出落ち系のアニメというのが最初数話の印象でしたが、最後にかけてズンズンと面白くなり不思議な作品でした。ユーモア全振りに見せかけて意外と王道的なかっこよさや細かい人物描写も散りばめられていて見どころが結構ある。

2021年視聴話数 合計  843話

累計 4335 

2021/10/04