映画備忘録(2020)

これまで見たものを備忘します

  • これまで見てきた & これから見る予定の映画を備忘としてまとめておきます。
  • 今年は頑張って劇場行きます!たくさん。

 

見たものリスト(一部ネタバレもあります)

1. スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け

★★★★★
→スターウォーズの完結編ということで期待が大きすぎた分、少しあっさりした内容にも感じられたが、なんとんく懐かしさを感じる展開や演出などがたくさんあって、底力のようなものも感じた。さすがスターウォーズだと思った。

2. 翔んで埼玉

★★★★★+
→死ぬほど笑った。手作り感があって、ユーモアはめちゃくちゃ尖っていて面白かった。

3. すみっこぐらし

★★★★
→とても暖かい物語。前評判が良すぎた分、自分の中でハードルが上がりすぎた感じもあった。音楽含めた質感がとても素晴らしくて、好きな人は何度も見たくなると思う。

4. 鍵泥棒のメソッド

★★★★★+
→めちゃくちゃ面白かった。全体的にシュールな演出なんですが、飽きることがないし、ストーリーもとても分かりやすい。演者勢もさすがという感じでとにかく素晴らしかった!こういう映画にもっと出逢いたい!

5. 帝一の國

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。邦画でしかできないユーモアという感じでとても素晴らしかったです!!

6. パプリカ

★★★★★
→一瞬でも目を離すと後悔しそうな作品だった。よく分からない不気味な部分も多かったりするのですが、作品から滲み出る底無しのパワーみたいなものがストーリーとか絵とかそういう部分を超えて押しかけてくるような作品でした。

7. 東京ゴッドファーザーズ

★★★★★
→直前に観たパプリカに比べるとかなりキャッチーな作りになっていて、幅広い層にウケそうな作品だなぁと思いました。とても面白かった。

8. 今夜、ロマンス劇場で

★★★★
→純愛もの?を観るのは久しぶりで楽しめました!

9. ラウンド・ミッドナイト

★★★★★
→バドパウエルがモデルの作品。音楽の産みの苦しみや依存症の辛さ、そんな中でも暖かい人間模様などが描かれています。華やかさと泥臭さの二面性がジャズを通して描かれていて音楽好きには刺さる気がする。

10. ターミナル

★★★★
→軽快でわかりやすいストーリー。少し現実離れしすぎている感じもありますが、それでもサクサクっと観られる質感で楽しめます。

11. ステキな金縛り

★★★★★
→めちゃくちゃ面白かった。腹を抱えて笑うシーンも多々あり、「邦画いいなぁ!」と思える作品でした。

2020年視聴本数 11

2020/12/28