odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。おだしすたぢお

ギタリスト向け

ギターのストロークの練習曲にはoasisをオススメしたい。左手より右手が重要です。

こんにちは。odasisです。

ギターのストロークの訓練にはoasisをオススメしたいので改めてその理由とオススメ曲を整理しておきます。

 

スポンサーリンク

 

Fは挫折するポイントではない

(以下右手で撥弦、左手で押弦の想定で進めます。)

 

左手は難しいフォームでも時間をかければある程度みんな押さえられるようになります。

これはストロークでも単音のソロでも同じ。

左手は右手に比べて変な癖が付きにくく、音への影響も小さい。

 

しかし弦を弾く右手は音色に直結するので変な癖が付くと変な音になります

 

バレーコードの左手の練習で躍起になっているうちに右手に変な癖が付くとなかなかその癖は取れない。

変な癖が付く前に右手の訓練をしておくことはとても重要なのです。

 

 

ストロークの練習にはoasisがオススメ!

理由はズバリ左手が簡単だからです。

 

↓これとか

 

↓ノエル・ギャラガーのソロアレンジ曲は特にオススメです。

 

↓これも

 

上で紹介したの「Wondewall」のイントロなどは以下の4つのコード(2カポ)だけで演奏できます↓

コードをよく見ると分かるのですが、左手の薬指と小指はそれぞれ5弦と6弦の3フレットに固定でき、人差し指と中指だけの移動でコードチェンジができます。

 

左手はすぐに押さえられるようになるので、右手のストロークで上の動画のような音が出せるように練習しましょう。

 

キーGメジャーがオススメ!

上記の参考曲は全てGメジャーキーで演奏されています。(カポタストの位置でキーを調整)

 

Gメジャーキーは特にストロークの練習にオススメです。

【G(Em)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Gメジャー】

 

Oasis以外にもポップスの曲をGメジャーキーに転調させて練習するのも効果的。

スピッツのチェリーはこうなります↓

 

こちらもどうぞ↓

ギター初心者の練習曲にオススメしたい4曲。右手の練習に注力しよう。

 

2017/11/2 odasis

レコーディング依頼

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け