odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

ストラトキャスターを調整しよう。ブリッジ修理・フレット磨き・弦高調整・オクターブチューニング。

職場の先輩のストラトキャスターを預かっています。スクワイヤー製。

かなり好みの色。

たまにしか使わないとのことなのですが、弾きにくいギターを見ると放っておけない性格なので「調整させて下さい」と申し出ました。

スポンサーリンク

 

安いギターほど弾きにくい問題

ギターは調整次第で弾き心地に雲泥の差が出ます。

かの小倉博一氏が実際に使っていたギターを神戸の楽器店「リードマン」で触ったことがありましたが恐ろしく弾きやすかった↓

安価な入門用のそれとはもはや違う楽器です。

 

弾きやすいギターで弾く方が絶対に上達も早いのですが、残念なことに初心者が買う安いギターほど弾きにくい

そしてさらに残念なことにちゃんとした調整ができる楽器店も極めて少ない

 

自分のギターが弾きにくいということに気付くことすらできないまま、イヤになってやめてしまうことだって往々にしてあるんです。

低価格のモデルが量産されプレイヤーの裾野が広がったことは喜ぶべきことですが、その弾きにくさのために上達が阻害されたり辞めちゃったりする人がいるなら元も子もないよね…

 

ストラトキャスターを調整する

というわけでせっかくギターを調整するのでそのプロセスを紹介してみます。

全部京都の老舗楽器店「よしや」で教えてもらったもの。odasisの肌に合う調整をしてくれるお店。

HP→http://yoshiyagakki.com

死ぬほどお世話になってる楽器屋です。

学生時代はヒマがあれば通い、店中を漁りまくってオモチャを見つけては持って帰るという蛮行を繰り返していました。

 

というわけで学生時代に教わった知識をフル稼働し、今回は

  • ブリッジの浮きを沈める
  • フレットを磨く
  • 弦高を下げる
  • オクターブチューニング

の4点を施します。

ネックは反っていなかったのでトラスロッドは弄りません。

 

ブリッジの浮きを沈める

暫く放置されたストラトキャスターはブリッジが浮いていることがあります。こんな感じで↓

これ良くないです。弦高が上がって弾きにくくなる(というより弾けない)し、ブリッジにも負担がかかる。チューニングも合わない。

 

というわけで治しましょう。

まずは裏側の蓋を開けます↓

バネが3本あります。

ストラトキャスターはこのバネでブリッジを裏側から引っ張ることでトレモロの仕組みを作っていますが、このバネの張力が弱いとブリッジが浮いてしまう

 

解決する方法は2つ。

  • バネを交換する(または追加する)
  • ボディに刺さっているネジを締める

今回は後者で調整します。バネはそれほど消耗していなかったので。

 

「よしや」から一応バネのスペアをもらってきていたのですが、サイズが合わなかったので交換も見送り。

 

調整前↓

 

調整後↓今回は限界まで締め込みました。

 

これでブリッジの浮きが沈みます↓

 

フレットを磨く

これの要領は別記事で書いています↓これも「よしや」で教えてもらったもの。

フレット磨きで演奏性を上げよう。家でもできるギターの調整術。

調整は自己責任でよろしくね。

 

磨く前↓

 

磨いた後↓

かなり綺麗になった。一気に弾きやすくなります。

 

弦高調整

弦高はここのレンチを回して1弦ずつ調整します。

 

オクターブチューニング

最後にオクターブチューニングをすれば完了です。

使うチューナーはこれ↓

↑液晶のものだと針が消えたり日和ったりするので物理針のものを使うべしと教わりました。

 

ポイントは

  • センターピックアップを使う。
  • ボリューム・トーンともに全開にする。
  • 12フレットで合わせたあと、19フレットでも合わせる。19フレットで合わせるときは、実音とハーモニクスのズレだけ補正すればOK。たとえば19フレットの実音が微妙に高くなっていてもハーモニクスと一致していれば問題無し。

 

肌に合う楽器屋を見つけよう!

個人でできる調整には限界があります

弦高をいじるにしても、ブリッジ側はできてもナット側は難しいし、デッドポイントを潰すにしてもフレットは素人が無闇にいじるととんでもないことになります。

 

まずは信用のおける楽器屋を見つけること。それからできることならどんな調整が行われるか知っておこう!

 

↑見た目には分かりませんがかなり弾きやすくなりました!先輩も喜ぶといいな。

 

2017/6/9 odasis

 

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け