odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

【F(Dm)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Fメジャー】

ギターの演奏キーにもっと拘るべきという話。Fメジャー(Dマイナー)編

スポンサーリンク

Fメジャー(Dマイナー)の特徴

キーの特徴としては

  • 開放弦は2弦以外ナチュラルスケール上に乗っている。
  • ペンタトニックスケール上に乗っているのは3・4・5弦。

Fは開放弦を有効活用できるキーとはなかなか言えません

2弦がナチュラルスケール上に乗っていない、それから1弦開放も連発できるような響き方をしてくれません。

Fメジャーとの接し方

開放弦を有効活用できない以上、アルペジオや倍音感が必要なアレンジではできれば避けたいキーです。

1カポでEメジャーに、3カポでDメジャーに逃げることも一考です。それぞれの特性に合わせて選びましょう。

【E(C#m)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Eメジャー】

【D(Bm)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Dメジャー】

Fメジャーの使いどころ

odasisもFメジャーは避けがちなのですが、使いどころを挙げるなら

コードでのカッティング

です。

Fメジャーはダイアトニックコードを全部バレー(セーハ)で押さえても、8フレットまでに収まります。

バレーコードのフォームのままでも弾きやすいキーだったりするんですね。フレットは上に上がるほど押さえるのもしんどくなりますから。バレーのフォームだとミュートもやりやすいのでカッティングに向いているというわけです。

というわけでデモはこんな感じ↓

アヴリル・ラヴィーンのComplicatedみたい。

Layla

Fメジャー(Dマイナー)の有名な曲にかのEric ClaptonのLaylaがありますね↓

リフは4・5弦の開放を使わないと弾けません。

同じようなリフにMステのテーマで有名なこの曲もあります↓

かっこよすぎるでしょこれ!

4・5弦の開放がロックのリフをインスピレーションするのかもしれませんね。

まとめ

  • Fメジャーは開放弦を使うアレンジには向かない。
  • ただしコードのカッティングには向いている。
  • ロックのリフに使われることがある。

2017/1/15 odasis

目次

はじめに:演奏キーにこだわろう!
その① :Dメジャー(Bマイナー)
その② :Eメジャー(C#マイナー)
その③ :Gメジャー(Eマイナー)
その④ :Fメジャー(Dマイナー)
その⑤ :Aメジャー(F#マイナー)

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け