odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!

2017/01/16

カポタストってコードフォームを簡単にするために使うものという理解をされている方も多いと思うんですが、カポタストを使うメリットはこれだけではありません。

スポンサーリンク

ボイシングは音の並び、ギターで言うところのコードフォームです。

ボイシングとは、楽器法および、和音に含まれるそれぞれの音の垂直的な間隔と並び順を決めることである(Wikipedia)

例えば下の二つのコードは同じコードでも響きが全然違います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-12-18-49

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-12-18-15

カポタストを使えば簡単に楽なフォームに変換できてしまうので、油断するといつも同じボイシングということにもなりかねません。

 

でもね!!!!!

 

ギターにだってそれぞれの演奏キーごとにちゃんとカラーがあります

2カポのキーCよりカポなしのキーDの方がサウンド面で綺麗にハマることだって往々にしてあるのです。

というわけでこの記事のテーマは

カポタストを上手に使うためにそれぞれの演奏キーの特徴・できることをざっくり把握する。

こととしたいと思います。

演奏キー選びのポイント

考えるポイントは2つあります。

  • コードフォーム
  • 使える開放弦

1つ目はわかりやすいのですが、どちらかというと大事なのは2つ目

開放弦らしい余韻を活かしたり、開放弦がテンションとなるキーで複雑な和音を作ったりといったところです。

前提と注意事項

【その1】
あくまで演奏キーの話であって、キーそれ自体の響きの話ではありません

”おれはEメジャーよりE♭メジャーの方が暗い響きがして好きだな。”

とかいう議論は対象外です。

【その2】
開放弦をいかに使うかということが重要なファクターになりますので、たとえば以下のような演奏やジャンルには当てはめにくいのでご注意を!

  • パワーコードがメインのロックやメタル
  • ハイフレットで弾き続けるリードギター
  • ジャズ

【その3】
実際のキー選定の際はカポの位置が高くなり過ぎることの無いよう(意図的に高くする場合もありますが)注意しなければなりません。あんまり好きな表現ではありませんが「総合的な判断」が必要になってくるわけです。

Gメジャーで演奏したいけれどもカポ高すぎやんけ。

みたいなこともよくあります。あくまで参考程度に引き出しの一部として眺めてくださいね!

目次

はじめに:演奏キーにこだわろう!
その① :Dメジャー(Bマイナー)
その② :Eメジャー(C#マイナー)
その③ :Gメジャー(Eマイナー)
その④ :Fメジャー(Dマイナー)
その⑤ :Aメジャー(F#マイナー)

2017/1/8 odasis

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け