odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

【G(Em)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Gメジャー】

2017/01/16

ギターの演奏キーにもっと拘るべきという話。Gメジャー(Eマイナー)編

スポンサーリンク

Gメジャー(Eマイナー)の特徴

キーの特徴としては

開放弦が全弦ペンタトニックスケール上に乗っている

これに尽きます。「ペンタトニックスケール」っていうところがポイント。

それからギター初心者に一番おすすめのキーだったりします。

弾き散らかす

ギターにとってのEマイナーキーの重要性は実は当ブログの初投稿で説いています。

Emキーで弾き散らかしてこそギタリストでしょ!

長いし口説いんですが、記念すべき第1号記事なのであんまり変えたくない。内容をざっくりまとめると

  • 開放弦が使えて響きが美しい
  • 左手の自由度が上がる
  • ハーモニクスがたくさん使える

といったところです。読まなくてもいいです。

Gメジャーならではの超省エネフォーム

このキーの真骨頂です。Gメジャーキーでは

(ほぼ)全てダイアトニックコードを薬指・小指を動かさずに作ることができる

のです。

各コードの押さえ方

それぞれのコードの押さえ方を見てみます。

G↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.07.47

Am↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.10.29

Bm↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.09.12

C↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.11.12

D↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.14.33

Em↓
スクリーンショット 2017-01-12 21.09.49

Am、Bmあたり少しマイナー感が薄れますが、一連のコード進行の中で聴くと馴染みます。

いいところ
  • 薬指と小指はそれぞれ2弦・1弦の3フレットに固定するため、動かすのは人差し指と中指だけでよい。
  • 3フレット以内にコードが収まる。高い位置のカポタストもOK。
  • 1・2弦が途切れずにペダルトーン的に鳴り続けるので響きが美しい。これはEメジャーも同じですね。
  • バレーコードがない

悪いところは単調になるのとずっと押さえっぱなしの薬指・小指がしんどいことです。

かのoasisも…

oasisのノエル・ギャラガーがこのボイシングを多用します。

超有名なこの曲は2カポ↓

4カポでも綺麗に響きます↓

初心者に優しい

ギターで美しい音を出すために重要なのは弦を押さえる左手ではなく弦を弾く右手です。

Fが押さえられずに挫折する

というのはよく聞く話ですが、本当の罠は

Fを克服したときには既に身についてしまったかもしれない右手の悪い癖

なんですよ。

上記の省エネボイシングは左手をほとんど意識しなくてもよいため、右手の上達に効果的です。

Fなんてそのうち押さえれるようになるからさ。右手を練習しよう。

まとめ

Gメジャーは初心者におすすめの何かとおすすめなキー。

おまけにodasisの弾き語りをどうぞ↓

2017/1/12

目次

はじめに:演奏キーにこだわろう!
その① :Dメジャー(Bマイナー)
その② :Eメジャー(C#マイナー)
その③ :Gメジャー(Eマイナー)
その④ :Fメジャー(Dマイナー)
その⑤ :Aメジャー(F#マイナー)

===========================================
《ギター・レコーディング受付中!》

音楽クリエイター向けのギタートラックを1トラックから提供しています!

ご依頼はこちらから。
===========================================

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け