odasis-tudio

サウンドクリエイターに転身した京都大学卒の元人事マンが雑多なノウハウを晒すブログ。 「おだしすたぢお」

ギタリスト向け

【A(F#m)編】カポタストの位置の正しい選び方。ギタリストは演奏キー(Key)にこだわろう!【Aメジャー】

ギターの演奏キーにもっと拘るべきという話。Aメジャー(F#マイナー)編

スポンサーリンク

Aメジャー(F#マイナー)の特徴

キーの特徴としては

  • 開放弦は3弦以外がナチュラルスケール上に乗っている。
  • 3弦・4弦以外はペンタトニックスケール上に乗っている。
  • スリーコード(トニックA、サブドミナントD、ドミナントE)のルートが開放弦になる。

Dメジャーと同じく押さえるべき弦を押さえないことでテンションコードを作りやすくなるのに加え、スリーコードのルートが開放弦になるため一人で遊びやすいキーです。

テンションを開放弦に乗せる

Dメジャーと同じように見てみます。

スクリーンショット 2017-01-23 0.21.40

ちなみにDメジャーはこれ↓

スクリーンショット 2017-01-23 0.21.23

Dメジャーと比べると「オイシイ」テンションが少なく、浮遊感では劣る印象です。

どっしりとした安定感はAの方があります。この辺りはカポの位置と曲の雰囲気に合わせて決めましょう。

ちなみに「オイシイ」コードの例を挙げると

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-23-30-10

dadd9

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-23-28-09

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-23-24-27

オープンハイコードもたくさん作れそうです。

スリーコードのルートが開放弦

Aメジャーのスリーコードは

  • トニックのA
  • サブドミナントのD
  • ドミナントのE

全てのルートが開放弦にあります。これが他のキーに無い特徴。

ブルース

ギタリストがブルースでセッションをするとき、キーはAメジャーであることが多い。

Aメジャーが選ばれやすい理由はいろいろあるとは思うのですが、

  • スリーコードのルートが全て開放弦である。
  • メジャーペンタ・マイナーペンタがどちらも程よい高さにある。

この2つが大きいところなんじゃないかなと個人的には思っています。

伴奏・ソロどちらもやりやすいキーではあるので、ブルースの初心者にはすごくオススメのキーです。

ソロギター

ソロギターは1人で伴奏も主旋律もやらないといけないので、開放弦の位置は特に重要です。

スリーコードのルートが開放弦にあるので、ハイフレットも使いながらフレーズを組み立てることができますね。

まあ最近のソロギタリストは皆さんチューニングを鬼のように変えるのであんまり関係ないかもしれません。

Don Rossを聴こう!ソロギターは「ジャンル」ではなく「手段」だと思う。【Michael, Michael, Michael/Don Ross】

まとめ

  • テンション感はDメジャーより少なく、その分安定感がある。
  • スリーコードのルートが開放になるのでブルースの練習にGood。

2017/1/22 odasis

目次

はじめに:演奏キーにこだわろう!
その① :Dメジャー(Bマイナー)
その② :Eメジャー(C#マイナー)
その③ :Gメジャー(Eマイナー)
その④ :Fメジャー(Dマイナー)
その⑤ :Aメジャー(F#マイナー)

Twitterでフォロー

質問

質問はこちらから!

-ギタリスト向け